読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3月7日。昼過ぎに彼女は下駄箱に居た。

 

私は、彼女が梱包されているダンボールをいそいそと自室に持ち込み、開封の儀を執り行った。

 

私と彼女の目が逢う―

 

「本当に届いたw」思わず私はハーブ混じりの声を出した。

 

 

さて、息子も待ちきれない様子なので早速実践に移ることにした。

 

まずは、彼女の身についた粉を落とすことにする。

 

ぬるま湯を洗面器に張り、彼女を丁寧に洗った。キッチンペーパーにて水気を拭き取る。

 

ホールのレビューとして「ニオイが強すぎるので☆1です」というのを目にするが彼女においてはそんなことは無かった。

 

確かに鼻を近づけると匂うが、使用中が気にならないレベルであった。

 

レビューを書いた人は、キスをしながらでも使用したのだろうか。

 

 

そんなことを考えながら、付属のローションを彼女の中に注ぎ込む。

 

ローションは別で購入していたのでケチをする必要はない。全てを込めた。

 

そして電子レンジに彼女を入れ7秒ほど温めた。

 

結果、ローションはすぐに温めるということがわかった。試しに中に指を入れると、「温かい」ではなく熱かったのだ。

 

いきなり息子を入れなくてよかったと、心の底からそう思った。

 

 

さて、熱すぎる状態となったローションを冷ますには時間がかかる。

 

そこで、私はオカズを選定する作業に移った。

 

目の前にはインターネットと呼ばれる大海原が広がる。

 

帆を張り、どこに船を進め、どこに錨を沈めるか。

 

普段なら適当に出港するのだが、今回はワケが違う。

 

なぜなら今日は、彼女との初夜なのだから。

 

そこで、私は過去にオカズにしたものを思い返すことにした。

 

 

抜かすことのプロが集まり形となったAV。

 

個人の情熱的な思いの結晶である同人誌。

 

愛を確認しあう前に喧嘩別れをしてしまった元カノ。

 

 

どれも私を支えてきたオカズ達である。

 

でも私は長考はしなかった。AVに決めた。

 

理由は簡単で、挿入している様子が動画で楽しめるからである。

 

私は足フェチなのだが、いわゆる足コキで致してはホールを使う意味がないであろう。

 

また挿入はただ挿れているだけではない、女優の声は漏れ、身体は揺れるのである。

 

それを堪能するのはAVが一番であろう。

 

 

普段からお世話になっている動画サイトに着き、錨を下ろす。

 

「人気女優」の欄から、今夜の相手を選定する。

 

結局5分ほど悩んでしまった。

 

今夜の相手は「北野のぞみ」に決めた。理由は可愛いからである。

 

動画を決めた私は、もう一度、彼女の中に指を入れた。

 

ローションはいい具合に温かくなっていた。

 

 

いよいよ、挿入の時間である。

 

彼女の口に息子を宛がう。そしてゆっくりゆっくりと口の中に息子を挿れていく。

 

普段とはまったく違う感触に息子は戸惑った様子であった。

 

よく皆が言う「バキューム感」や「まとわりつく感触」が無いからである。

 

その様子とは反対に、画面の中の北野のぞみは喘ぎに喘ぎまくっている。

 

焦燥が私を襲う。

 

私は、パソコンの新しいタブを開き、「オナホ 非貫通 空気抜き」と調べた。

 

インターネットは便利である。ディルドを使用した例が載っていた。

 

説明通りに空気を抜いてみる。

 

が、全然吸い付く感触は無いのである。

 

試行錯誤しても、バキューム感が息子を襲うことはない。

 

 

私はヤケになり、彼女を前後に動かすことにした。

 

当然、最初は気持ちよくはなかったが、無理に動かしてみてどうだろう。

 

彼女から鳴る音が大きくになるにつれ、快感が大きくなっていった。

 

今は、ただただ気持ちいいのである。

 

そして間もなく、私は彼女に危険日ゴムなし中出しをした。

 

息子にドクンドクンと血が回っているのがよくわかった。

 

それを私はハァハァと息を切らしながら見ているのであった。

 

 

翌日、私は彼女に名前を付けることにした。

 

愛着が湧くと思ったからである。

 

名付けて「のぞみちゃん」である。

 

由来はそう。最初に北野のぞみで抜いたからである。

 

のぞみちゃんへ。これからもよろしく。

 

 

オナホ最高

自転車の話

一人の時間を愛おしく感じる時がある。

長い時間を集団の中で生きていると、自分が何のためにそこにいるのかがわからなくなる時がある。特に何かしらの二次会では。

だから一人になりたい時がよく訪れる。

集合時間の直前まで待ち合わせ場所近くのベンチで一人で時間を潰したり、団体で手配したバスに乗らず一人で自転車で移動したりする。


自転車は孤独を運ぶ。

去年の夏の終わりの頃だった。

朝5時に起き寝惚け眼支度を始めた。暗い窓からはポツポツと雨音が聞こえた。

それでも構わなかった。アンダーウェアを着込み、荷物の中身はビニール袋に包み、それを愛車に取り付けていく。

愛車のクロスバイクに跨ぎ、ゆっくりとペダルを踏みギアを丁寧に上げていく。ペダルを漕ぐのは疲れるが、それ以上に風が身体を扇いでいるが気持ちいい。

孤独はいい。自分がペダルを踏んでさえいればいずれ目的地に辿り着く。

孤独はいい。誰も自分の行動を邪魔する者は居ない。

そんなことを考えているうちに、サングラスに当たっていた雨はいつの間にか消え、道路は黒色から灰色へと衣替えを済ませていた。

時速20kmで孤独は国道を突き進む。一方、集団は何倍ものスピードで自分のすぐ横を追い抜かす。

追い抜かれるのは明白。だが意地を張って力任せにペダルを踏んでみる。チェーンが軋む音が自分を包んだ。

次第に身体が熱を帯び、背中は汗ばむ。呼吸も乱れてきた。それでも構わない。ただひたすらに前を見つめ足を動かす。

でもケイデンスを上げたところで集団には追い越すどころかも追い付けこともできなかった。

足は疲れたと言ってので、ペダルを踏む込むのをやめた。それでもしばらく車輪は地面を這い続けていた。

車輪がヨロヨロと力を失い自立できなくなるまで行方を見届けようかとも思ったが、目の前に現れた赤の信号によって自分はブレーキレバーを引いた。

信号機は集団である。

集団は信頼し合い生きている。

そして、自分の真後ろにある道路も集団である。
自分は車道の縁を進んできた。車は自分のすぐ脇を駆け抜けて行った。
でも自分は身に迫った危険は察知しなかった。5mもない幅を鉄の塊が時速60kmで突き進んできたというのに。

いつでも自分は集団の中に居る。

そんなことを考えていると信号は緑へと変わっていた。

そしてまた、ゆっくりとペダルを踏みギアを丁寧に上げていく。

早く集団へ加わるために。

熱い首を風が冷やす。

 


そんな日を思い出した。

もうすぐ春がくる。

冬とマンション

札幌でシャボン玉は凍るのかチャレンジをする奴もうgood night。

 

チャレンジの内容が謎すぎませんか?

 

そんなに凍らせたいなら[自主規制]に来いよ。余裕で凍るぞ。秒。

 

東京で雪が降ってはしゃいでる都民みたいですね。調子乗ってませんか?都民。

 

 

そういえば、俺はテンションが高い日には、胸にデカデカと「Yukiga Futte Uresii」と書かれたパーカーをよく着ます。

 

でもこの服って、道民が着るべきではないと思う。

 

なぜなら道民は「雪が降ってうれしい」という感情を持ち合わせていない人間達だから。

 

なのにこんな人間が、そんな服を着ていていいのか。

 

とめちゃくちゃに悩んだけど、このパーカーしかないので、捨ててしまったら上半身が無課金アバターと化してしまう。防御力が0だよ。

 

首都に住んでいる人は、雪が降ったら喜んでくださいね。

 

 

そういえば、花澤香菜の熱愛報道が出ましたね。

 

たつき君とのプリも見てたので「ふ〜ん」と言いました。俺は強がり。

 

それよりも衝撃を受けたのが、港区の30万〜40万円のマンションに同棲していたということです。

 

金持ちってすごいと思いました。なぜなら俺は絶対に一生高級マンションに住むことはないので。

 

住みたいね高級マンション。高層階に住みたいね。同棲もしたいね。要するに幸せになりたいね。

 

どうやったら1000万円稼げるのですか?臓器売る系の仕事?無理だよ、ハナクソしか売るものがないよ。

 

俺のハナクソを一個1000万で買ってくれる人がいたらDMなりバレンタインチョコなりください。

 

やっぱり読モとかテニミュ俳優とかアイドル声優になるのしかないのかな。

 

お金も稼ぐのもそうだけど、女子にチヤホヤされたい。なぜなら俺は女子にチヤホヤされたことがないので。

 

皆さんチヤホヤしてください。

 

ダイエット

ダイエットをしています。痩せる為です。

 

ダイエットというと、「バナナダイエット」とか「炭酸水ダイエット」とか思い浮かべると思うんですが俺は違います。

 

俺はみんなと違うので、オリジナルダイエットを考案しました。今回はこのダイエット方法について特別に紹介します。

 

 

その名も「彼女が出来たつもりダイエット」です。

 

このダイエットが実行できるのは、彼女がいない方限定です。

 

なので彼女がいる方は至急彼女に「俺たち付き合ってる意味あんのかな?…」というLINEを送って別れを切り出してください。

 

女性の方は、今すぐ自撮りをとって僕ツイッターまでDMで送ってください。期待しています。

 

 

ダイエットの話に戻ります。

 

皆さんはこのままの体型で大丈夫ですか?僕は「ヤバい」です。

 

なので、彼女が出来たとして、良い感じの雰囲気になったとしてもシャツを脱いだ姿に「今日はやめとこ?」って言われる可能性が十二分にあります。まぁ電気消せば良いだけなんですけどね。

 

そんな事態を避けるべく「彼女が出来たとして、いつそういう事態になっても良いように体を仕上げる」為に痩せるということです。コペルニクス的発想。

 

人に見られないと綺麗になりませんからね。特に部屋とか。そいういう理論で身体にも同じことが言えるのではと。

 

皆さんも不測の事態に備えましょう。

 

 

 

ちなみに、「痩せるなら食べなきゃ良いだけじゃん」という考えでご飯を抜いたら風邪を引きました。

 

これは栄養不足により免疫が下がって風邪を引いたのでは?という学説もありますが、真相は「彼女が出来たと勘違いした体が、彼女の看病を求めてあえて風邪を引いた」ということです。人体の不思議。

 

その後、ユンケルを飲んだら治りました。彼女の看病なんていらなかった。

 

皆さんもお試しください。

 

 

あゝ、哀れ哀れ。

 

 

下ネタと鍵アカウント

パパ。もう真面目に生きようと思うんだ。

 

ツイッターアカウントが多分親バレしてしまったのは皆さんご存知?

 

ということは場合によっちゃ、このブログまで親の魔の手が迫っているということ。

 

 

 

俺は両親の前で下ネタを言ったことがありません。

 

一言たりとも!!!

 

本当だよ?本当だかんね。

 

なので、インターネットで下ネタを垂れ流しているのは、普段の俺とギャップがあるわけで…

 

こんな姿を見られたのなら、俺は今からボヘミアンラプソディーを歌います。

 

ママ〜〜〜〜〜〜〜〜!!!

 

ただのマザコンかよ。

 

 

ということで、これからは下ネタを控えていこう

 

 

俺はウケるためには下ネタを言っておけばいいと思う節がある

 

でもサークルの後輩に「下ネタで笑いを取るのは、銃で人を殺すのを一緒ですよ」と言われました。どんな例えだよ

 

例えで人を殺すな

 

まぁ、いい機会なので俺はスプーンで人を殴っていこうと(これはさっきの例えを引用してるんで)

 

 

 

でもこの話は、ツイッターアカウントに鍵をかければなんとかなる話ではある。

 

鍵垢は甘え

 

俺は普段のツイートが10万RT&10万いいねされると覚悟しています。

 

いつバズって、出版社から「ツイートを本にしませんか?」という提案をいただくかわからないので。

 

俺は不労所得の為ならなんでもするぞ

 

ということで鍵垢にしません

 

 

これからは親に見られても良いツイートと記事を書いていきます。